Barbie by Patricia Field


前回に続き、今回もバービー・ネタです。

3月下旬から渋谷にバービー×パトリシア・フィールド(スタイリスト)のコラボ・ストアが期間限定でオープンしていると聞き、我慢できずにお買い物。といっても、Spank me!のすぐ近くにあるということで、前回の日記に登場してくれたサキちゃんに買って来てもらったんですけどね(サンクス、サキちゃん!)。

「買って来ましたよ」と渡された紙バッグを見てビックリ! ショップのバッグまでこんなに可愛いんですね。しかも、店内全体も悲鳴を上げたくなるくらいキュートらしいですよ(身体の都合で、どうやっても私は行くことができませんが)。



で、実際に購入したのは、デカいバッグにピンクのバッヂ。バッグはこんなロゴ入りです。ライヴハウスへ行く時やレコードを買いに行く時にも重宝しそうなキャンバス地製。ロック・ガールにはピッタリな大きさ&デザインですな。



しかも、このバッグにはこんなチャームも付いちゃってて、“乙女心”くすぐられまくり。あー、やっぱりバービーは永遠ですね。

でも、このストア、6月30日で閉店らしいので、まだチェックしてなかったという人はお早めにどうぞ〜。

ちなみに、パトリシア・フィールドとは、『セックス・アンド・ザ・シティ』や映画『プラダを着た悪魔』で名を馳せた有名スタイリストさん……と言えば分かる人も多いのでは。今年8月には映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』もいよいよ公開ですね〜。
FASHION : - : - : Ayumi Tsubouchi :
bali barret next collection


遅ればせながら、先月行って来たバリバレ展示会の様子をアップ。
しまった。これ、もう1ヵ月の前のことになってしまっている!
というのも、
特に先月中旬頃からはいつもの仕事に加えて、
サーバー引越、ドメイン更新&ブログ新開設という
素人には難題すぎる作業も同時進行していたため……
まったく余裕がなかったという次第。
スミマセン。

さて、フランスのファッションブランド、
バリバレの来期(秋〜冬モノ)のラインはこんな感じ。
英国っぽさがぷんぷんしている印象だ。
上の写真なんか、ちょっとパンクっぽいし。

なのだが、いかにも英国、
いかにもパンクっぽい!
ではなく、
どこか上品さも感じさせる仕上がりになっているところがバリバレ。
さすが。

彼女は格式高い銀行家の父親と
広告関係で働く洋服好きな母親の間に生まれた方だそうで、
そういったバックボーンは
彼女の作る洋服にもそのまんま反映されているよう。
つまり、彼女が育った上流社会のトラディショナルな部分と、
彼女自身の好きなストリートな感覚は、
いつも同居しているわけで、
私がバリバレの洋服を好きなのもそういう理由から。

あとは、やっぱりバリバレ本人がロック好きで、
自身のバンドも持っているという部分。
シンプルなデザインの中にも
可愛いステッチや切り返し、ボタンの種類……
というのはファッションにおいてとても重要なのだけれど
(女子はそういうところにも厳しいもの……よね?)、
そういうところにちょっとしたロック魂を感じ、
1人ニヤリとしてしまうこともしばしば。
その“さりげなさ”にギュッときてしまうっていうか。

以前プレスの今泉嬢から、
「バリバレ自身も、ロック的要素をそこまで全開にしたがっていない」
という話を聞いて深く頷いた次第。



プレスルームはこんな感じ
(2枚目以降の写真を参照)。
ファッションショーの楽屋?
ガールバンドのバックステージ?
みたいな雰囲気がまたイカしている。



鏡にはご丁寧に
VIPのパスなんかが貼られていたり、
ちょっとしたところにもバリバレのこだわりが見えてくる。



そんなバリバリさん、
今回の展示会には来日されるという話を聞き、
お会いできるのを楽しみにしていたのだが、
ちょうど私達が出向いた時間帯に
都内のブティックを偵察しに出掛けられたとのことで、
対面には至らず……次回こそは。

ラモーンズ、ストゥージズなんかが好きと聞いていたので、
ご本人といろいろなロック話を繰広げたかったのだが残念。
彼女のやっているバンドについても
ぜひお話を伺いたかった!

その代わりというわけではないけれど、
スタッフの方に薦められたビールを昼間からぐびぐび、
スイーツをむしゃむしゃ頬張り、
プレスの方々に来期の詳細について説明を受け、
恒例の手みやげをいただいて、そこを後にした。



上の写真は、今回一緒に展示会へ出掛けた
VAMP! webデザイナーのミチコ嬢。
このパーカーをいたく気に入った彼女は、
早速予約を入れていた!

バリバレ公式サイトはこちら>>>

ちなみに、“バリバレ”は本名ではなく、
彼女のニックネームだそう。
FASHION : - : - : Ayumi Tsubouchi :